真鍮とメッキの違い!錆びやすいのはどっちかな?

錆びた指輪

純金や純銀の製品は高価ですが、真鍮やメッキのものなら、プチプラで気軽に楽しめます。見た目は似ているけれど、真鍮製品と、メッキ製品では何が違うのでしょうか。

そこで、真鍮とメッキどちらが錆びやすいか、正しいお手入れ方法なども合わせてまとめました。

スポンサードリンク

真鍮とは?

真鍮は黄銅とも呼ばれる銅と亜鉛の合金です。その名の通り美しい黄金色をしています。長期間、錆びにくいので、昔から建築資材や日用品、仏具などに多く使われてきました。身近なものだと5円玉が真鍮製です。

真鍮のメリット

真鍮は美しい黄金色をしています。価格もお手頃で、鋳造、加工が容易なのでアクセサリーにもよく用いられます。使用していると徐々黒ずんだ色に変色します。しかし、それもアンティーク調の落ち着いた風合いという風に色の変化を好む人もいます。

黒ずんだ色はお手入れをすれば、元の輝きを取り戻せます。

真鍮のデメリット

水分や汗に弱いという特徴があるので、こまめな手入れが必要です。また、強い力がかかると伸びたり、壊れることがあります。ラテックス・ゴム類との相性が悪く、ゴムなど一緒においておくと、くっついたり跡が残ってしまうので注意が必要です。

また、金属アレルギーを引き起こしやすい素材ですので肌が弱い人は長時間の使用を避けた方が無難です。

真鍮のお手入れ方法

使用後に乾いた布で乾拭きすると、美しい輝きを保てます。また、メガネなどの超音波洗浄機でもきれいにできます。変色防止には、ハンドクリームを含ませた布で磨きましょう。

変色してしまったときは、市販の金属用の研磨剤で磨くか、お酢やレモン果汁に浸すとピカピカになります。お手入れのあとは、必ずしっかりと水分を飛ばしましょう。

メッキとは?

指輪を持つ手

メッキは、鉄などの安価な金属素材の表面にゴールドやシルバーなどの貴金属を薄く塗って本物のゴールドやシルバーに見せかけたものです。電子部品、半導体部品、自動車部品、アクセサリーなどによく使われています。

メッキの錆びやすさは、地金によって大きく変わります。

メッキのメリット

価格がピンからキリまで幅広く、予算に合わせて気軽に購入できます。そのままの鉄に比べると錆びにくくはなっています。ピンクゴールドなどのカラーバリエーションが豊富で若い女性にも人気があります。

地金に真鍮や銅、シルバーを使用したものは比較的錆びにくいといわれています。

メッキのデメリット

土台に使用されている金属の質が悪いと、黒ずみや錆が出るのも早くなってしまいます。鉄などが地金のものは価格を抑えられる反面、錆びやすいので長く愛用するものには向きません。

コーティングが剥がれやすいので、ぶつけたりするとメッキがはがれてしまうことがあります。金属アレルギーを起こしやすいといわれているので、肌が弱い人は長時間の使用は避けた方が良いでしょう。

メッキのお手入れ方法

剥げたアクセサリー

使用後は、柔らかい布で乾拭きしましょう。汚れがひどい場合は、中性洗剤をぬるま湯で薄めた物を布につけて、全体的に軽く拭き、その後よく乾いた布で水気を取ります。

歯ブラシで磨いたり、研磨剤を使うと、メッキが剥がれて地金が剥き出しになりますので、絶対にやめましょう。超音波洗浄機も製品を痛めてしまう原因になるのでおすすめできません。

メッキがはがれてしまったら、アクセサリーの修理加工しているお店では、メッキの再塗装をしてくれることもあります。価格は製品によって違いますが、2000円~5000円程度です。

スポンサードリンク

錆びやすいのはメッキ

真鍮は変色はしますが、メッキに比べると比較的錆びにくい素材です。さらに真鍮の変色は、色合いに深みを与えてくれるので、それ自体を味として楽しむことができるのです。

アンティークな風合いを楽しむのであれば、真鍮はぴったりの素材といえるでしょう。メッキは、ゴールドやプラチナの輝きが楽しめる一方で、鉄などの安価な地金を使ったものは、すぐに劣化してしまので注意が必要です。

長く愛用したいのであれば、錆びにくい地金のものを選びましょう。

まとめ

錆びにくいのは真鍮ですが、メッキにはメッキの良さがあります。それぞれの特性をよく理解した上で選ぶようにしましょう。どちらにせよ、きちんとお手入れをすれば長もちしますので、お気に入りのアイテムはこまめにお手入れしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ