礼服とスーツの違いは?種類やマナーについて知っておこう

スーツには大きく分けるとビジネス用と冠婚葬祭用のものがあります。冠婚葬祭のときに着用するスーツを「礼服」といい、ビジネス用のスーツとは用途が違います。

見た目が似ているスーツと礼服では実際に何が違うのか、その種類やマナーについて知っている方は少ないのではないでしょうか。そこでこの記事では、スーツとは違う礼服について詳しく紹介します。

きちんと知っていれば、素敵な大人の男性に一歩近づけますよ。

スポンサードリンク

礼服とは?

お葬式、結婚式、入学式、式典など、いわゆる冠婚葬祭全般で使用するフォーマルウェアです。ビジネススーツを友人の結婚式などで着ることはあっても、ビジネスシーンで礼服を着ることはありません。

一言で礼服といっても、シーンによって着用すべきものは違います。代表的な礼服の種類をご紹介します。

<正礼装>モーニングコート・燕尾服

最も格式の高い正礼装です。モーニングコートは昼の正礼装として、結婚式で新郎や両家の父親、葬式の喪主が着用します。対して夜の正礼装が燕尾服です。

イブニングコートとも呼ばれ、モーニングコートに比べると着用の機会は少ないですが、格式の高い結婚式などで着用します。

<正礼装・準礼装>タキシード

礼服

夕方以降に開催されるパーティーに出席するときに着用します。近年は正礼装とされることも多くなりました。

<準礼装>ディレクターズスーツ

黒のジャケットにグレーベストとストライプのコール地のスラックス(正礼装・準礼装のスーツで着用されるパンツ)を合わせるのが基本で、ブラックスーツよりも格調が高い装いです。

<準礼装・略礼装>ブラックスーツ

一般的に礼服というと、このブラックスーツのことを指します。結婚式や式典、お葬式など幅広いシーンで使用できます。黒いビジネススーツと礼服であるブラックスーツの違いは以下の通りです。

礼服は黒が濃いほど良いとされていますので、同じ黒でも礼服の方がより深く真っ黒な生地を使用しています。

襟のステッチ

「AMFステッチ」が一般的なスーツのほとんどに入っていますが、ブラックスーツには、ステッチが入っていない場合がほとんどです。

ベント

ベントはジャケットの後ろの裾に入っている切れ目のことです。ベントは、真ん中に切れ目のあるセンターベント、2カ所切れ目のあるサイトベンツ、切れ目のないノーベントの3種類です。ブラックスーツには、ノーベントが用いられることがほとんどです。

<略礼装>ダークスーツ(ビジネススーツ)

グレーやネイビーなどの暗い色のスーツは礼服の一つとして位置づけられています。ゲストとしての結婚式や一般的なパーティーで着用できます。

スポンサードリンク

礼服のマナーと着こなし方

 

結婚式(参列)での礼服

スーツの色は濃く、明るい色や柄のネクタイやチーフやエナメルの靴など光沢感のあるアイテムを使い華やかな印象を与えられる着こなしが良いでしょう。ネクタイは、シルバーグレーなど光沢感のあるものがおすすめです。

小物を同色系でまとめると全体的な統一感がでます。

お葬式での礼服

ブラックスーツの中でも、漆黒が望ましいといわれています。シャツは柄のない白、ネクタイや靴下は黒に統一します。靴は、黒のストレートチップ・プレーントゥが良いでしょう。金具やエナメルなどの光沢感のあるものは身に付けないようにしましょう。

お通夜にはダークスーツが望ましい

スーツ

お葬式はブラックスーツを着用しますが、お通夜にはダークスーツの方が望ましいとされています。通夜は、急に訃報により急いで駆けつけるものなので、きちんとした礼服で行くと、不幸を待っていたかの印象になる恐れがあるからです。

お通夜に行くときは、ダークスーツに黒のネクタイと靴下が正しい服装です。しかし、近年ではそこまで厳密にマナーを守る必要はなく礼服で通夜に行っても失礼に当たるわけではありません。

まとめ

一言で礼服といっても意外と種類があることに驚かれたのではないでしょうか。社会人になるとさまざまな冠婚葬祭の場に行く機会が多くなります。

正礼装や準礼装はレンタルする人がほとんどですが、ブラックスーツと呼ばれる礼服を1着は持っておくようにしましょう。マナーを抑えておけば、周囲の人からの信頼も得ることができますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ