木材に生えたカビの取り方と防止策

木のカビ

「木材部分にいつの間にか汚れがある」
それってカビかもしれません。

家の中にある木材で出来た部分や、木製の家具などをよく見てみると、白っぽくなっていたり、黒っぽくなっていたりすることがあります。汚れかと思いきや、カビだったということもよくあります。

そのまま放置していると、カビを吸い込むことになるので、できるだけ早く取り除くことが大切です。そこで今回は、木材に生えたカビの取り方と防止策をご紹介します。

カビを綺麗にした後は、しっかり予防もして、カビをもとから生やさないようにしちゃいましょう!

スポンサードリンク

カビ取りをする時の注意

カビは吸い込むと体によくありません。カビ取りは、換気しながら行うようにすることが大切です。また、カビ取りの最中に、カビをたくさん吸い込んでしまう可能性があるので、必ずマスクをつけましょう。

また、カビ取りに使う薬剤等が手につかないように、ゴム手袋もしたほうが安心です。あまりにカビがひどい場合や、心配な時は、メガネやゴーグルをしてやるとさらに安全にカビ取りができます。

木材のカビの取り方

カビにマスク

エタノールまたはオキシドール

スプレーに入れたエタノールかオキシドールをカビの気になる部分にかけます。乾くのを待って拭き取ると、カビを除去することができます。とても簡単なので、オススメです。

酸素系漂白剤

エタノールやオキシドールで試してみたものの、取れないような強力なカビには、漂白剤が効果的です。ただ、効果が強い分、木材を傷めてしまう可能性があります。

変色したり、触った感触が変わったりしてしまうかもしれない、ということを理解した上で、使うようにしましょう。使い方は、漂白剤をカビの部分につけて、少し時間を置いて拭き取ります。

それでも取れていない場合は、サンドペーパーで削るとキレイになります。まずは、目立たないところで試してからやるほうが安心です。

専用のカビ取り剤

木材専用のカビ取り剤が売られています。スプレータイプで、吹きかけるだけのものがあるので、とても簡単です。スプレーして30分程度放置した後、拭き取るとカビが取れるようです。

カビが強力な時も、何度か繰り返すうちにキレイにすることができます。木材のカビに悩んでいる人は、購入してみてもいいと思います。

スポンサードリンク

カビ防止策

結露対策をする

窓に、結露防止のフィルターを貼ったり、こまめに結露を取り除くようにしましょう。湿気が多くなると、どうしてもカビが生えやすくなってしまうので、結露対策は重要です。

換気する

気密性の高いマンションなどでは、特に換気に注意しましょう。なかなか窓を開けない季節でも、時々換気することが大切です。

除湿機を使う

梅雨などの湿度が高くなってしまう時期には、除湿機が有効です。また、部屋干しをよくする場合も、湿度が上がりやすいので、除湿機を使うと適度に抑えられます。

木製の家具は、壁から5cm以上離す

壁と密着していると、カビが生えるリスクが高まります。木製の家具を設置する際は、壁との隙間に注意しましょう。そうすることで、家具の後ろ側が知らないうちにカビていた…という状況を防ぐことができます。

よく使わない部屋に大型家具をなるべく置かない

普段あまり使っていない部屋ほど、カビが生えやすくなります。大きな家具はたくさん置かないようにしましょう。

どうしても置かなければならない場合は、壁から離すのはもちろんのこと、時々換気するようにするとカビの防止につながります。

まとめ

カビ取りをする際は、換気しながら、マスクとゴム手袋とメガネをすると安全です。

木材のカビの取り方

  1. エタノールまたはオキシドール
  2. 酸素系漂白剤
  3. 専用のカビ取り剤

カビ防止策

  1. 結露対策をする
  2. 換気する
  3. 除湿機を使う
  4. 木製の家具は、壁から5cm以上離す
  5. よく使わない部屋に大型家具をなるべく置かない

木材のカビ取りはそこまで難しくありません。カビと一緒に生活するのはよくないので、気づいた時にすぐに除去するようにしましょう。また、カビ防止策を参考にして、カビの生えない環境で暮らせるといいですね。

【まとめ】カビ対策 家中のカビを撃退する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ