エアコンのカビ掃除を自分でやる方法 意外と簡単!

よごれたエアコン

「エアコンから出る空気がなんだかカビ臭い」
「エアコンって自分で掃除するのは難しそう」
そんな悩みはありませんか?

エアコンはたくさん使う季節とあまり使わない季節に分かれています。久しぶりに使ったら、エアコンからカビ臭いニオイが出てきた、ということもよくあります。綺麗にはしたいけれど、業者に頼むには結構お金がかかります。

エアコンの掃除は、自分でやるのが経済的だし、時間も自由な時にできて便利です。今回は、エアコンのカビ掃除を自分でやる方法をご紹介します。これからは、エアコン掃除も自分でできるようになりますよ。

スポンサードリンク

エアコン掃除をしないとどうなる?

エアコンの掃除は正直面倒なので、できればやりたくないと思っている人も多いと思います。しかし、エアコンのカビを放置していると、エアコンを使うたびにカビが撒き散らされることになってしまいます。

カビを吸い続けて生活するのは、体によくありません。頭痛や咳などの症状につながる場合もあります。さらに、汚れがひどくなると、ゴキブリが卵を産みつけるなどのリスクもあるので、エアコンの掃除は大切です。

エアコン掃除に必要なもの

エアコン掃除

エアコン専用の洗浄スプレー

ホームセンターやドラッグストアなどで購入できます。1本1000円程度はしますが、業者に頼むよりは断然安く済みます。

専用のスプレーを使わなくても、ある程度の汚れは落とせますが、本格的に掃除をしよう!という時には用意したほうがいいでしょう。

歯ブラシ

エアコンの内部は細かく分かれている部分が多いので、先が小さい歯ブラシがあると便利です。使い古した物でかまいません。

すみっこスポンジ

ウォシュレットの掃除などに使われる、棒の先に小さなスポンジがついたものです。歯ブラシだけでも掃除はできますが、すみっこスポンジがあると、かなり掃除しやすくなります。

エアコンのカビ掃除を自分でやる方法

エアコンの内部は、とてもデリケートで、複雑にできています。それぞれ部分ごとに掃除の手順をご紹介します。

.フィルターの掃除

エアコンの全面のカバーをあけたところにある、ホコリが溜まりやすいところです。

手順
  1. エアコンの全面のカバーをあけて、ゆっくりとフィルターを外します。
  2. すぐにとれそうなホコリであれば、掃除機で吸い取ります。
  3. 中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸し、汚れを落とします。
  4. 水で流して、日陰干しで乾かしておきます。

フィルターの掃除は簡単なので、ホコリがたくさん溜まらないうちに定期的に掃除しましょう。そのほうが簡単にホコリもとれて、カビになるリスクも減ります。

フィンの掃除

フィルターをはずすと見えてくる、アルミで出来ているところです。

手順
  1. コンセントを抜きます。
  2. サイドにあるフィンではない電装部分は、ビニールなどで隠します。
  3. フィンの部分にエアコン用の洗浄スプレーをかけます。
  4. スポンジなどは使えないので、洗浄スプレー1本すべて使い切ります。

フィンの部分の掃除は、勝手に排水されていくので、流したりする必要はありません。

ファンの掃除

エアコンの風が送り出されてくるところです。

手順
  1. 液だれ対策として、ビニール袋をエアコンの下に設置します。
  2. ファンの部分にエアコン用の洗浄スプレーをかけます。
  3. 回転させてファン全体に洗浄スプレーを行き渡らせます。
  4. 歯ブラシ、すみっこスポンジを使い、汚れを落としていきます。
  5. 水を霧吹きに入れて、ファン全体に吹きかけて汚れを流します。
  6. 送風で2時間程乾燥させたら完了です。

ファンの部分は、一番カビや汚れが付着しやすいところなので、念入りに掃除しましょう。

まとめ

エアコンのカビは放置していると、体調不良などにつながるので、面倒でもやりましょう。

エアコン掃除に必要なもの

  1. エアコン専用の洗浄スプレー
  2. 歯ブラシ
  3. すみっこスポンジ

エアコンのカビ掃除を自分でやる方法

  1. フィルターの掃除
  2. フィンの掃除
  3. ファンの掃除

洗浄スプレーや歯ブラシ等を使って、溜まった汚れを一気に落としましょう。終わった後は、カビの臭いとはさよならできます。

【まとめ】カビ対策 家中のカビを撃退する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ