お風呂のカビを予防する方法 ちょっとしたコツ

カビ

入居したてのピカピカのお風呂、いつまでもキレイなままにしておきたいですよね。また、しつこい黒カビを徹底的に掃除したのに、たった数日でまた黒カビが生えてきてしまい、1から掃除のやり直し・・・。気が遠くなります。

お風呂の黒カビは、人間の体に害をもたらすことが既にわかっています。カビが飛ばす胞子を吸い込むことによって、アレルギーや喘息になったり。小さな子供やお年寄りなど免疫力の弱い人が、真菌感染症になってしまったり。

日ごろからカビが生えないようにしっかりと予防して、安全で清潔なお風呂場を目指しましょう。

スポンサードリンク

カビの特徴を知ろう!

カビが発生・繁殖するのは、次の3つの条件がそろった時です。

  1. 温度
    カビにとっての適温は、15度~30度です。
    もっとも繁殖しやすくなるのは、28度前後と言われています。
  2. 湿度(水分)
    カビにとっての適湿は、70%~90%です。
    特に、80%を超えたあたりから、急激に繁殖のスピードが上がります。
  3. 栄養分
    カビは、さまざまなものを栄養にして繁殖します。石鹸カスや、ふけ、あか、ホコリ・・・数え上げるとキリがありません。また、人間が生活していて出すものだけではなく、プラスチック素材や、接着剤、ビニール素材などの建材も、カビの栄養分となります。

上記の3つ(温度、湿度、栄養分)のうち、どれか一つでも対策することができれば、カビを予防することができます。栄養分を減らすのは難しいので、温度を下げるか、湿度を下げるかのどちらかの方法でカビを予防しましょう。

温度を下げてカビを予防

風呂換気

お風呂に入った直後は、浴室全体が温まっているため、カビが繁殖しやすい状態になっています。ですから、お風呂を上がる前に、壁や床にシャワーで冷水をかけたり、冬場であれば窓をあけて浴室内の温度を下げるようにしましょう。

湿度を下げてカビを予防

使った後すぐの浴室は、湿度80%を超えているため、カビが猛スピードで繁殖します。お風呂を上がったらすぐに、湿度をさげるようにしましょう。

湿度の下げ方いろいろ

窓を開けて換気する

外が乾燥している季節の場合は、窓を開けて換気します。脱衣所側のドアを少しだけ開けて廊下の乾いた空気をお風呂場に取り入れ、脱衣所と反対側にある窓を開けて湿った空気を外に出すようにします。

脱衣所側のドアは全開にせず、少しだけ開けるというのがポイントです。少し開けるだけで、空気の通り道は十分確保できます。

全開にしてしまうと、逆にお風呂の湿気が脱衣所に流れ込んできてしまい、脱衣所のカビの原因になることがあるので注意してください。

換気扇を使って換気する

お風呂場に窓がない場合や、梅雨時のように外の湿度が高い季節は、換気扇を使います。

換気扇は、中の空気を外へ排気しようとしますので、脱衣所側のドアを少しだけ開けて廊下の乾いた空気をお風呂場に取り入れ、換気扇から排気するようにします。

お風呂の換気扇を掃除する方法

換気扇で換気する場合、電気代がかかるんじゃないかと心配される方がいますが、換気扇は1日中まわしていても100円にもみたないくらいなので、お風呂場がしっかり乾くまで回したままにしておきましょう。

除湿器を使って除湿する

梅雨などで部屋の中も外もジメジメ・・・というときは、除湿器を使います。お風呂場を閉め切って、狭い空間で除湿器を回すと、あっという間に乾燥します。ちなみに、この時期は洗濯物も乾かなくて困ると思います。

お風呂場を乾燥させるときに、お風呂場に洗濯物も干してから除湿器を回してしまえば、お風呂も洗濯物も一度に乾燥させることができて一石二鳥です。

壁や床の水気を拭き取ってしまう

少し作業が大変ですが、浴室を乾燥させるのには最も理想的な方法です。お風呂上がりに壁や床の水気を拭き取ります。

自分が使い終わったあとのバスタオルで拭いたり、スクイージーや、絞れるハンディモップなどを使って、壁や床の水気を取り除きましょう。

風呂場の床や壁の黒ずみを取る方法

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか。

  • カビが繁殖する条件は、温度・湿度・栄養分の3つ
  • カビの栄養分をなくするのは難しい
  • 温度を下げるには壁や床に冷水シャワー
  • 湿度を下げるには換気や拭き取り

換気の仕方にはいろいろあるが、効率をよくするコツがある

以上のことを解説しました。お風呂をピカピカにしたら、日ごろからこまめに予防して、カビが生えにくい環境づくりを心がけましょう。

【まとめ】お風呂が超キレイになる掃除の方法とコツ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ