ゴキブリが室内に発生する原因 その部屋危険です!

ビックリする女の子

ゴキブリがどうして室内に発生しやすいかご存知でしょうか?ゴキブリが発生するには、様々な原因が考えられます。その原因がわからないと、ゴキブリを完全に駆除することはできません。

ここでは、ゴキブリがどうやって発生するのか、どうして室内に侵入するのかなど、詳しくご紹介します。ゴキブリを完全に駆除するために、まずはゴキブリが室内に発生する原因をみてみましょう。

スポンサードリンク

ゴキブリはどうやって室内に発生するのか?

外から入ってくる

ゴキブリが室内にいる原因として最も多いのが、外からの侵入によるものです。玄関や窓だけではなく、エアコンのホースや排水口など、外とつながっている小さな穴があれば、ゴキブリは家に侵入することができます。

うちは新築だから安心、というわけではありません。大抵どんな家でも、ゴキブリが入れるサイズの穴があるため、侵入される可能性があります。

室内で卵が孵化して繁殖する

まず、ゴキブリは外からやってきます。そのゴキブリが産んだ卵が孵化することによって、ゴキブリが増殖します。穴からの侵入だけではなく、ダンボールの隙間に潜んで侵入してくる場合もあります。

知らぬ間に侵入していたゴキブリによって、たくさんのゴキブリが発生する可能性があります。卵を産み付けられないためにも、ゴキブリを発見した場合は、必ずすぐに駆除することが大切です。

卵にも効果があるブラックキャップによるゴキブリ対策

ゴキブリはどうして室内に侵入してくるのか?

ごきぶり

温度と湿度がちょうどいい

ゴキブリは寒さに弱く、暖かい場所を好みます。また、乾燥にも弱く、ジメジメした場所のほうが好きです。人が住む室内は、適度な温度と湿度が保たれているため、人間が快適だと思う環境は、ゴキブリにとっても快適なのです。

室内には水やエサがたくさんある

お風呂や洗面所、台所などには、必ずと言っていいほど水が残っています。水を溜めたままにしていなくても、ゴキブリは1滴ほどの水があれば生活できてしまいます。そのため、どの家にもゴキブリが寄り付く可能性があるのです。

さらに、野菜や果物、調味料などが台所に置いてあれば、ゴキブリにとっては大好物が用意されているようなものです。ゴキブリは匂いでエサを探すため、家の中からのいい匂いを感じたら、侵入しようとしてきます。

フェロモンで集まる

ゴキブリは、実はフェロモンをたっぷり出している虫なのです。特に夏のメスは、繁殖のための性フェロモンを出しており、それにつられてオスもやってきます。

ですので、室内に1匹だけでも侵入してしまうと、たくさんのゴキブリを呼び寄せることにつながってしまいます。

学習能力がある

匂いにつられて室内に侵入したゴキブリは、その場所のことを学習します。一度エサの場所を覚えてしまえば、後は習慣的にその場所にやってきます。そして、居心地がよければ、そのまま住処にしてしまうわけです。

また、居心地のいい場所を見つけたゴキブリがフェロモンをだすため、さらに他のゴキブリが侵入してくる原因となります。

スポンサードリンク

ゴキブリが発生しやすい部屋とは?

キッチンがある部屋

キッチンはただでさえ水の補給ができたり、食べ物の匂いがしたりして、ゴキブリが集まりやすい場所です。食べ残しや生ゴミがそのままになっていたら、ゴキブリに来てくださいと言っているようなものです。

ゴキブリを寄せ付けないためには、できるだけ食べ物を外に出しっぱなしにはせず、生ゴミもこまめに捨てるようにしましょう。

ダンボールがある部屋

ゴキブリはダンボールの隙間を好みます。引越しの時のダンボールをそのまま収納していたり、宅配などで送られてきた際の箱をずっと置いたままにしていたりすると、ゴキブリが住み着いてしまう可能性があります。

ダンボールは、できるだけすぐに捨てるようにしましょう。

【まとめ】ゴキブリ退治!部屋から永久追放する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ