風呂場の床や壁の黒ずみを取る方法 合わせ技がポイント!

風呂黒ずみ

お風呂に入るとき、目の前にある鏡や、蛇口の金属の部分は目につきますが、床をまじまじ見ることって少ないのではないでしょうか。でも、よく見てみると「あれ・・・床が黒ずんでない?」いったん気になりだすと止まりません。

一方で、黒ずみは、とても気が付きにくいものなんです。私たちは体を洗うとき、いつもの習慣で同じ場所に立ちますよね。その足元は少しずつ汚れて、徐々に徐々に黒っぽくなっていくのです。少しずつの変化なので、気が付きにくいのです。

黒ずみは、このように日々蓄積された汚れなので、気になりだしたころには頑固で取れにくいものになっています。そんな黒ずみをすっきり落とすには、一体どうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク

お風呂の黒ずみは、複合の汚れ!

先にも言いましたが、お風呂の黒ずみは日々蓄積された汚れの集まりです。日々蓄積される汚れにはどんなものがあるのでしょうか。

水垢

水垢とは、水道水に含まれている石灰が乾燥したものです。お風呂が濡れて、乾いてと繰り返すうちに堆積し、灰色く見えます。水垢は、アルカリ性の性質を持っています。

皮脂汚れ

皮脂とは、人の皮膚の表面をコーティングしている脂(あぶら)のことです。脂ですのでべたべたしています。体を洗うときに立ち位置になっている場所や、よく手でさわる場所に溜まります。皮脂汚れは、弱酸性の性質を持っています。

石鹸カス

石鹸カスとは、石鹸の成分と水道水の成分が反応してできたものです。石鹸カスは、アルカリ性の性質を持っています。

カビ

カビは真菌類に属する生き物です。カビキラーやハイターなどの塩素系漂白剤で、分解・殺菌することができます。お風呂の黒ずみは、このような複数の汚れが重なり合ってできた、複合の汚れなのです。

洗剤の合わせ技で落とす!

黒ずみのような複合の汚れを1つの洗剤だけで落とすことはできません。アルカリ性の「水垢」や「石鹸カスを溶かすためには「酸性の洗剤」。弱酸性の「皮脂汚れ」を溶かすためには「アルカリ性の洗剤」。

そして、カビを分解するために「塩素系漂白剤」。この3パターンの掃除方法を繰り返すことで、黒ずみを徐々に落とすことができます。

まずは、水垢と石鹸カスを落とす!

掃除する女性

水垢、石鹸カスを落とすには、酸性の洗剤を使います。酸性の洗剤にはいろいろありますが、人体や環境に優しいのは「クエン酸」です。 水1リットルにクエン酸を大さじ2程度いれた水溶液を作り、黒ずみの部分を浸します。

クエン酸水をしみこませたキッチンペーパーを張り付けて、その上からラップをして20分くらいパックすると効果的です。パックした後、スポンジでこすり洗いします。溝がある場合は、スポンジでは届かないので、ハブラシなどでこすります。

また、クエン酸ではこころもとない・・・という方は、クエン酸よりも酸性度の強い「サンポール」という洗剤があります。ただし、強力な洗剤ですので、肌に直接つかないように使ってください。

次に、皮脂汚れを落とす!

皮脂汚れを落とすには、アルカリ性で、研磨効果もある「重曹を使います。水1リットルに重曹を大さじ3程度いれた水溶液を作り、黒ずみの部分を浸します。パックした後、こすり洗いします。

重曹の粉末には研磨効果がありますので、重曹の粉末をふりかけながらこすり洗いするとよいです。

スポンサードリンク

最後に、カビを落とす!

ハイターを水で薄めた液で、黒ずみの部分を浸します。パックした後、こすり洗いします。

まとめ

いかがでしょうか。風呂場の床や壁の黒ずみの正体は、水垢、皮脂、石鹸カス、カビが積み重なってできた汚れでした。このような複合の汚れを落とすには、それぞれの性質に合った洗剤を複数試すことが必要です。

黒ずみが酷いと一度では落ちないかもしれませんが、根気よく試してみて下さい!

風呂場の天井の黒カビを取る方法

【まとめ】お風呂が超キレイになる掃除の方法とコツ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ