洗濯機のコースの使い分けと便利な機能

ウールや麻などのデリーケート素材、シーツやカーペットなどの大物など、クリーニング店に持ち込んだ方がいいのはわかっているけどホームクリーニングできたらなぁというもの、ありますよね。

今回は洗濯機を最大限に活用できる様々な機能をご紹介します。

スポンサードリンク

通常コース

ポリエステルや綿などじゃぶじゃぶ洗っても問題のない生地の服や、特に激しい汚れもない普段通りに着た服の洗濯に使うコースです。普段通りに洗濯をするならこちらのコースで十分です

ドライコース

手洗いコース、ソフトコース、デリーケートコース、お家クリーニングなどメーカーによって名前が異なりますが、オシャレ着やデリーケート素材の洗濯をする際に用いるコースです。

このコースで洗濯をする際は、必ずあらかじめ洗濯表示を確認する必要があります。

クリーニング店のドライクリーニング

クリーニング店に「ドライクリーニングで」と言って持ち込んだ場合とご自宅の洗濯機でできるドライコースでの洗濯では洗い方が全く違います。

クリーニング店のドライクリーニングは洗剤を溶かした水の代わりに石油系の有機溶剤を使って汚れを落とします。水を使って洗うと縮んでしまったり、型崩れをしてしまうようなデリケートな服に向いているクリーニング方法です。

主にウール素材のニットやスーツ、学生服などに使われる方法で油性の汚れに向いている方法ですが、逆に汗などの水性の汚れを落とすには不向きです。

自宅の洗濯機のドライコース

一方、ご自宅の洗濯機でできるドライコースは、洗剤を溶かした水を使って優しい水流と短い脱水時間で、できるだけ服に負担をかけないように洗うコースです。

クリーニングに出すまでもないけど型崩れや縮みを防ぎたい服、お気に入りのカットソーや刺繍、プリント、装飾などの付いた丁寧に扱いたい服などにお勧めのコースです

クリーニング店と洗濯機の「ドライ」の違い

上記のクリーニング店でのドライクリーニングと洗濯機でのドライコースの違いは、水を使って洗うかどうかです。服についている洗濯表示に「手洗いマーク」や「洗濯機マーク」が付いていればご自宅の洗濯機で洗うことができます。

「手洗いマーク」や「洗濯機マーク」と一緒に「ドライマーク」が付いていても大丈夫です。ただし、「ドライマーク」の中に「セキユ系」と書かれているものや「洗濯機マーク」に×印のあるものは、水を使って洗うことができません。この場合はクリーニング店へ持ち込みましょう

また、洗濯機のドライコースで洗濯をする場合は、おしゃれ着専用洗剤を使うのがお勧めです。服の縮みや型崩れを最小限に抑えることができるからです。

また、柔軟剤も一緒に使うようにし、装飾などの付いた服は裏返しにして洗濯ネットに入れてから洗濯するようにしましょう。

スピードコース(お急ぎコース)

短時間で洗濯ができるコースです。メーカーなどにもよりますが、およそ30分程度で洗濯を終わらせることができますすすぎの回数を少なくすることで時間を短くすることができ、節水もすることができます。

ただし、すすぎが少ない分洗剤残りが気になる場合もある為、スピードコース対応の洗剤を選ぶことをお勧めします

大物洗いコース(毛布コース)

毛布やタオルケット、冬物のシーツやラグなど大きくて厚手のものを洗う時に便利なコースです

洗濯槽のそこにある羽(パルセーター)の動きを抑え、洗濯槽を回転させたりドラムを揺らすことで洗剤を浸透させる方法で汚れを落とします。

通常コースで毛布などを洗うと洗濯槽やドラムの回転時に毛布などが飛び出してしまったり、遠心力で洗濯機自体が大きく揺れたりする場合がある為、大物洗いコースを使用するのがお勧めです。

ただし、通常コースとは洗い方が異なる為、水を使う量が多くなったり洗濯時間が長くなる場合があります。

スポンサードリンク

パワフルコース(強力コース)

ゴシゴシと強い力で洗い、服を傷めてしまいそうなイメージの名前ですね。メーカーにもよりますが、こちらはしつこい油汚れや泥汚れなどにおすすめのコースで、通常の約1.5倍の洗剤を入れて濃度の高い洗浄水で予洗いできます。

その後一度排水して再度給水して水を半分入れ替えてから本洗いをします。予洗いをしてから本洗いをするという流れ上、通常コースより洗剤や水の量が多くなり洗濯時間も長くなる場合があります。

洗濯コース以外の便利な機能

服を洗い分ける洗濯コース以外にも、ご自宅の洗濯機にはさまざまな便利機能があります。(メーカーによって搭載機能は異なる場合があります。)

投入口

洗剤や柔軟剤をその都度洗濯槽に入れなくても、投入口に入れておくだけで自動的に適切なタイミングで洗濯槽に入れてくれるというものです。全自動洗濯機やドラム式の洗濯機のほとんどについている機能です。

予約機能

洗濯物と洗剤等をセットし、終了時間を設定しておけばその時間に洗濯を終わらせておいてくれるという機能です。

寝ている間に洗濯をしておいて翌朝干したい、出かけている間に洗濯をしておいて帰宅後に干したい。といった場合にお勧めの機能です。

メモリーコース(手作りコース、わたし流コース)

洗い、すすぎ、脱水の時間や回数を自分好みに設定できる機能です。スピードコースがなく、毎回時間や回数を設定するのが面倒という方にお勧めの機能です。

乾燥機能(送風機能)

脱水が終わった洗濯物を洗濯機でそのまま乾燥してくれる機能です。洗濯物を干す手間が省けて、洗濯機から出したらそのまま畳んでしまえるとても便利な機能です。

天候を気にせず洗濯できるのも利点です。また、完全に乾かすまではできませんが、脱水後に短時間風を当てることで干した時の乾きをよくし洗濯ジワを防いでくれる送風機能というものもあります

槽洗浄(槽除菌)

洗濯槽の裏は通気性が悪くカビがとても生えやすくなっています洗濯槽専用のカビ取り剤などで1カ月~3カ月に一度洗浄するのがお勧めですが、槽洗浄機能があれば普段からこまめに洗濯槽の洗浄ができ、カビ取り剤の使用回数も抑えることができます。

まとめ

洗濯機に搭載されているコースや機能はメーカーや型式、年式などによって多少異なりますが、せっかくある便利な機能を使わない手はないですよね。

今まではクリーニング店へ持ち込んでいた服などもご自宅で洗濯することができればその分クリーニング代も浮きます。洗濯表示の確認は必要になりますが、今回ご紹介した機能を使って是非ご自宅の洗濯機を最大限生かしてみてください。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ