低気圧の頭痛対策!原因と今すぐできる解消法

「低気圧が近づくといつも頭痛がひどくなる!」
「天気が悪いと、何故か具合が悪い・・・」

このような症状でお悩みではありませんか? 頭痛は主にストレスや血行不順が原因で起こりますが、低気圧が関係して頭痛が起こることもあるのです。

でも、「実際にはどうすればいいのかよくわからない」という方は多いと思います。

「頭痛くらいで病院はちょっとめんどくさい」
「病院へ行ってもいつも鎮痛剤をもらうだけ」
「いつものことだけど、できれば改善したい」

こういう時に、ちょっとした方法で解消できたら良いなと思いませんか?今回は低気圧による頭痛の原因と、自分で簡単に出来る解消法をご紹介します

スポンサードリンク

低気圧と頭痛の関係

頭痛が起こる仕組み

頭痛というのは遺伝的な要因と環境的な要因の2つが絡み合って発症します。 頭痛で悩む多くの方は、身内に同じような頭痛持ちがいるケースが多いのです。

頭痛の種類は症状やメカニズムによって、偏頭痛や緊張型頭痛など様々な名称で呼ばれます。 頭痛を抱える体質を持つ方は、さまざまな要因が引き金となって頭痛を引き起こします。 その引き金というのは

  • ストレス
  • 運動不足
  • 頭痛を起こしやすい成分を含む食事
  • 女性の場合は月経時や月経前のホルモンの関係

そして、「低気圧」も頭痛を起こす引き金の一つなのです。

低気圧がもたらす具体的な頭痛の原因とは

低気圧が人に与える影響は様々です。

  • 身体への圧力が下がり、身体が膨張し血管が拡張したり、押しつぶされたりする
  • 神経伝達物質にも影響を与え、自律神経が乱れる
  • 低気圧が続くことで軽い低酸素状態にさらされる

など。 これらが原因で頭痛や体調不良が引き起こされるのです。

特に女性は注意が必要!

女性の場合、通常の頭痛に加えて 月経周期によるホルモンの増減が、頭痛と深く関係しています。 頭痛に悩む女性の割合は男性と比べて3倍も多いのです。 必然的に、女性の方が低気圧の影響で頭痛になることが多くなります。

ただでさえ、月経前や月経中は頭痛や体調不良を感じることが多いのに 低気圧によって、さらに体調に影響を与えてしまいます。

スポンサードリンク

頭痛の対策

頭痛の解消法は、主に鎮痛剤を使う方法と、 薬に頼らないで対策を行う方法があります。

薬を使わない解消法

薬を使わない解消法は、活性化してしまった神経を沈めることで 自律神経を整え、頭痛の緩和を目指します。 それでは一人でもできる簡単な解消法をご紹介します。

痛む箇所を冷やす、または温める

自分の症状の場合はどっちに効果があるの?と難しく考える必要はありません。 試してみて、自分が気持ち良いと感じる方で行ってください。

有酸素運動をする

天気が悪くて、頭痛が辛いのに、あまり動きたくないかもしれません。 しかし、適度な有酸素運動はとても頭痛の解消に効果的なのでおすすめです。

「ドーン・A・マーカス」著者の「偏頭痛~治療・予防のための薬とそれ以外の効果的なメソッド」によると 36人の患者に対し、週3回、6週間に渡って

「ウォームアップ10分、有酸素運動(散歩など)20分、クールダウン10分行ってもらった結果」 「片頭痛の頻度が50%以上、片頭痛の持続時間が48%、片頭痛の程度が38%低下したのです。」
「ドーン・A・マーカス」著者「偏頭痛~治療・予防のための薬とそれ以外の効果的なメソッド」より引用

といったデータが示されています。 激しく運動する必要はありません。 日常的に意識して有酸素運動を取り入れると良いと思います。

肩や首のストレッチをする

朝起きたときや、就寝前にストレッチをします。リラックスした状態が理想です。
⇒首をゆっくりと回したり、左右に顎を動かしたりする
⇒肩の上げ下げ、肩甲骨を動かすイメージで肩を回わす
このようにゆっくりと身体のコリをほぐしていきます。

明るさを調節し、静かな場所へ移動する

頭痛があるときは光や音に過敏になりやすいです。 例えば、電気を消してアロマキャンドルを灯したり テレビを消して、静かなクラシックを聞いてみてもいいと思います。 そういった場所が確保できなければ、1分ほど目を閉じてみてもいいのです。

食事を見直す

日々の食事を見直してみることもおすすめです。 なぜなら頭痛の引き金となる栄養素と 頭痛を緩和してくれる栄養素があるためです。

頭痛を招く栄養素と食べ物

血管を収縮をさせる作用のあるチラミンという成分はご存知ですか? チラミンによって血管が収縮し、反動で血管が拡張することで 血流が急に良くなり、結果的に頭痛を招いてしまうのです。 チラミンが多い食べ物は

  • チーズ
  • ワイン
  • チョコレート
  • ココア

などです。 あとは、カフェインやアルコールなども、血管に強く作用するので 頭痛のときは避けたほうが無難です。

頭痛を緩和してくれる栄養素と食べ物

代表的なものに「マグネシウム」という栄養素は 血管や筋肉の収縮をうまく調整してくれる作用があります。 マグネシウムが多い食べものは

  • のりやわかめなどの海藻類
  • ほうれん草
  • アーモンド
  • 玄米

などです。 低気圧が近づいたときに、頭痛になってしまう方や、 普段から頭痛に悩まされる方は これらの食べ物を意識して食事を見直してみましょう。

鎮痛剤を使う場合の注意点

仕事で忙しく、なかなか休む暇もない方は 市販薬の鎮痛剤に頼る事も多いと思います。 痛みが取れないときは、我慢をしないで飲むことも有効です。

しかし、効能書の指示にしたがって服用量を守ることが原則です。 頭痛が激しく、飲みすぎてしまうという方がいれば、今すぐに止めましょう。 通常の場合、過剰に服用してもその分の痛みが緩和されることはありません。 むしろ、多くの副作用を抱え込んでしまう可能性があります。

鎮痛剤はあくまで一時的に痛みの神経をブロックするもので 根本的に痛みを取り除くことはできないのです。 その点を注意して、服用するようにしましょう。 鎮痛剤を服用するのが不安であれば、やはり医師に相談することが確実です。

まとめ

もう気圧の影響を受けるのはごめんだ!どうしても頭痛を回避したい! という方は、残念ながら気圧の変化が少ない地域へ引っ越すしかありません。 低気圧による身体への影響は、なかなか避けられるものではないのです。

だからこそ頭痛の原因や解消法を知っておくことで、 低気圧が近づくたびに「また頭痛に悩まされて嫌だな」という 憂鬱な気持ちも軽減されることでしょう。

頭痛が起こる仕組みで記述したとおり、頭痛は遺伝的な要因と環境的な要因が 引き金となって起こります。 頭痛を取り除こうと躍起になっていると、 解決しない問題にいつまでも悩まされてしまいます。

自分は頭痛になりやすい体質なのだと受け入れることで、 低気圧が近づくとわかったら、どうやって過ごしたら良いか 自ずと対策することができるようになります。

頭痛が生じたときには無理をしないで 体をいたわることを意識して過ごすことが大切です。 低気圧が多く近づく季節とうまくつきあい、快適に過ごせる手段を見つけてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ