五月病の症状チェックと対策 あなたは大丈夫ですか?

「当初はやる気満々だったのに・・・」
新年度は進学や入社など、環境が変わる方が多い季節ですね。新生活がスタートし、意気込んでいたのも束の間、ゴールデンウィーク明けに「五月病」が発症する人がいます。

「新しい環境で活躍したい!」
このように期待と野心で意欲的になる一方、「早く環境に慣れなければ」というプレッシャーも抱えてしまいます。

その上、周囲は出会ったばかりの人達なので、何かと気疲れするものです。そんな中でゴールデンウィークを迎えたときに、張りつめていた緊張の糸が切れ、一気に疲れが襲ってきます。

「なんだかやる気が出なくて、仕事に集中できない」
「ゴールデンウィークに体を休めたはずなのに、なんとなく体調が悪い」
このような症状は出ていませんか?五月病とはどんなものなのか、あなたも症状をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

五月病の症状チェック

下記はよくある五月病の症状です。当てはまるかチェックしてみましょう。

  • やる気がでない
  • 物事に関心が持てない
  • 物事に集中できない
  • 会社(学校)へ行くのが億劫
  • 食欲不振
  • 疲れやすい、倦怠感
  • 寝付きが悪くなった
  • 朝起きられなくなった

このような症状に心当たりがある方は、五月病の可能性があります。もちろん個人差があり、肉体面で症状が出る人もいれば、精神面に強く出る人もいます。
五月病にかかりやすい人は

  • 頑張りすぎる
  • 神経質
  • 几帳面
  • こだわりが強い

など、いわゆる完璧主義な人がかかりやすいと言われています。

五月病は、通常は環境に慣れてきたら症状が軽減されていきます。とは言え、慣れるまでには個人差がありますし、五月病が引き金となって様々な症状に悩まされるのは避けたいものです。

五月病の対策をしましょう

「当初のやる気を取り戻したい」
「病気じゃないから、どうやって直せばいいのか分からない」
このような方は、五月病を乗り越えるために、どんな対策が必要なのでしょうか。

そもそも五月病とは

五月病とは精神疾患の一つです。新しい環境で受けるストレスにより、徐々に自律神経が乱れてしまうことから生じます。 自律神経とは消化や呼吸など、生きるための機能を調節する神経のことです。

通常、身体の活動時や昼間には、やる気を起こさせる神経(交感神経)が活発になり、安静時や夜間に身体をリラックスさせる神経(副交感神経)が活発になります。

しかし、これらが乱れると、活動時にやる気が起きなかったり、眠ろうとしてもなかなか寝付けなかったりしてしまいます。 つまり、自律神経を整えることで、五月病の症状を緩和することができるのです。

スポンサードリンク

五月病の対策 具体的な方法

普段からストレス発散ができるようにする

日々の生活に追われて、いつの間にかストレスがたまることはよくあることです。ストレスが爆発する前に、普段からストレスを発散することで、自律神経の乱れを防ぐことができます。

自分に適したストレス発散方法を見つける

心身ともに疲れてしまうと、家でゴロゴロしていたくなるかもしれません。しかし、 肉体的な疲労に加え、精神的なストレスが大きな疲労の原因となっている現代においては、家の中にこもっているだけでは、リフレッシュするのは難しいものです。

「家で安静にしていたのに、疲れや倦怠感が取れない」という方は、旅行や運動、レクリエーションなど、普段あまりできないことをしてみると気分転換になり、ストレス解消が期待できます。

小さな目標を立てる

休み明けにどうしてもやる気が起きない方は、小さな目標を立てて、それに専念することです。4月の意気込みから一転して長期休みに入ってしまうと、仕事に対してハードルが高く感じてしまい、やる気を損ねてしまう原因になります。

目標を細分化してハードルを超えていけば、徐々に起動に乗っていけるようになります。

乱れた自律神経を整えるには

重要なのは、「活動時には交感神経が働き、休息時には副交感神経が働く」という状態を作ることです。そのためには規則正しい生活リズムで活動をすることが大切です。

朝起きたら朝日を浴びてみたり、適度な運動してみたりをすることで、交感神経が働くようになります。夜はマッサージをしたり、お風呂に浸かったり、静かに過ごして副交感神経を働かせます。このように徐々に自律神経を整えていきます。

まとめ

環境が変化することは、自分が思っている以上にストレスがかかり、疲れてしまうものです。 新しい環境に意欲的になるのも大切ですが、普段から意識して「頑張る時」「休む時」という切り替えができることが重要です。

「どんなストレス解消法がいいか分からない」という方は、とにかく活動してみましょう。散歩をしてみたり、本を読んでみたり、誰かと電話してみたり。大事なのは仕事や学校のことは忘れて楽しむということです。

誰しも新しい環境は期待と不安でいっぱいです。最初のやる気を持続させるためにも、上手にストレスと向き合い、新しい環境を楽しんで過ごしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ