重曹によるゴキブリ対策 ホウ酸との違いは?

ゴキブリ対策として、重曹でも効果が期待できます。 ホウ酸はよく知られる方法ですが、重曹は知らない人も多いです。海外ではよく使われていて、ホウ酸よりも安全なので、ゴキブリ対策に使うと便利です

ここでは、重曹によるゴキブリ対策として、その使い方やホウ酸との違いをご紹介します。

スポンサードリンク

重曹の効き目

重曹は炭酸の原料にもなっていて、発泡する特徴があります。発泡すると、ガスが発生するので、重曹を食べたゴキブリの内蔵にガスが溜まります。 人間のようにゲップなどで排出すれば問題ありませんが、ゴキブリはその機能がありません。

よって、内蔵が破裂したり、食べ物を摂取できなくなったりして死に至ります。 他にも諸説ありますが、重曹はゴキブリに効果的ということいえます。

重曹の使い方

そのまま撒く

重曹は粉状になっているので、そのままゴキブリが通りそうなところに撒いておくことで効果を発揮します。 重曹は無味無臭のため、ゴキブリがそれを食べることはありません。

しかし、重曹の上を通ったゴキブリの体に付着し、それを毛づくろいの要領で舐めることによってゴキブリに効果があります。 重曹は人体には基本的に無害なので、ゴキブリが通りそうな場所がわかっている場合には効果的です。

砂糖と混ぜる

ゴキブリに直接食べてもらうには、砂糖を混ぜると効果的です。 1:1の割合で混ぜて置くだけなので簡単です。 水も加えて柔らかい状態にしておけば、小さいゴキブリや幼虫も食いつきやすくなります。 砂糖を加えることで、ゴキブリだけではなく、アリにも効果があります。

スポンサードリンク

重曹を使うメリット

安全性が高い

重曹は人体にほとんど影響がありません。 そのため、赤ちゃんやペットがいて、誤飲の可能性がある家庭には特にオススメです。

経済的

重曹は比較的安価で購入することができます。 100均でも売られているので、その他のゴキブリ対策をするよりは確実に安く済む方法です。

掃除にも使える

重曹は、ゴキブリ対策だけではなく、掃除にも使うことができます。 すでに掃除に使っている人は、その余りをゴキブリ対策にまわすことができます。

ゴキブリ対策用で購入した場合は、残りを掃除に使えるので、どちらにしても無駄になりません。

重曹の上手な使い方と活用術

ホウ酸との違い

重曹とホウ酸は、どちらも無味無臭のゴキブリ対策になりますが、具体的にはどのような差があるのか、まとめてみました。

安全性 重曹>ホウ酸

ホウ酸もゴキブリ対策の中では比較的安全と言われていますが、重曹は膨張剤として食品にも使われているので、さらに安全ということができます。

赤ちゃんやペットがいて、とにかく安全性を最優先にしたいという場合は、重曹がオススメです。 もし舐めてしまったとしても、特に問題はないので、とても使いやすいです。

値段の安さ 重曹>ホウ酸

重曹とホウ酸の値段を比べると、重曹の方が安いです。 経済的にゴキブリ対策をしたい場合は、重曹の方が向いています。

効果 重曹<ホウ酸

ゴキブリに効果を高く発揮するのはホウ酸です。 ホウ酸の濃度が高ければ、食べたゴキブリだけではなく、巣にいるゴキブリへの効果も期待できます。

重曹を食べたゴキブリの死骸を食べたゴキブリにも効果が出ることもありますが、ホウ酸ほどの効き目は期待できません。 ゴキブリへの確実な効果を期待する場合は、ホウ酸の方がオススメです。

ホウ酸ダンゴによるゴキブリ対策

死骸の処理のしやすさ 重曹<ホウ酸

ホウ酸を食べたゴキブリの死骸は、水際に集まりやすいという特徴があります。 そのため、死骸を見つけやすく、その分処理もしやすくなります。

ゴキブリの死骸を処理する怖くないやり方

重曹の場合は、そのような特徴はないので、どこに死骸があるのか見つけにくい、という可能性が出てきます。

ゴキブリの死骸を確実に処理したいという場合には、ホウ酸がオススメです。

【まとめ】ゴキブリ退治!部屋から永久追放する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ