アロマによるゴキブリ対策 種類や使い方のポイント

ゴキブリ対策の中に、アロマを使う方法があります。アロマは特に女性に人気で、普段から使っているという人もいると思います。いい香りを楽しみながら、ゴキブリ対策ができたら嬉しいものです。

ここでは、アロマによるゴキブリ対策として、アロマの種類や使い方、使う際のポイント等をご紹介します。

スポンサードリンク

アロマでのゴキブリ対策のポイント

アロマオイルの状態がいい

ゴキブリには、ニオイが強ければ強いほど効果を発揮します。ハーブを栽培したり、乾燥したハーブを使ったりしても効果がありますが、その中でも、一番ニオイが強いのがアロマオイルです。

アロマオイルはニオイを放つことに特化したものなので、特に効果が期待できます。

100%天然由来のものがいい

アロマオイルの中には、天然由来の精油であるエッセンシャルオイルと呼ばれるものと、人口的につくられた合成香料があります。どちらも混ざったものもよくあります。

ただ、ニオイを楽しむだけであれば、合成香料でも問題ありませんが、ゴキブリ対策に使う場合は天然由来のものを使いましょう。残念ながら、100均のものは効かないと考えたほうが良さそうです。

特に嫌いな種類のものがいい

アロマオイルといっても、かなりの種類が存在しています。中でも、効果抜群のものから、全く効果がないものまであるので、使う時は、ゴキブリが嫌がるものを選ぶことが大切です。

効果的なアロマオイルの種類

ベチバー

イネ科の植物です。
土のようなニオイがするので、好き嫌いがわかれるかもしれません。 しかし、ゴキブリへの効果はかなり高いと言われています。

ハッカ

シソ科の植物です。
食後のアメやガムにも使われるもので、清涼感のあるスッキリしたニオイです。

シナモンリーフ

クスノキ科の植物です。
シナモンの独特な甘ったるいニオイがします。

クローブ

フトモモ科の植物です。
甘さと刺激が混ざったニオイがします。

ユーカリ

ユーカリ科の植物です。
清涼感のあるニオイがします。

スポンサードリンク

ゴキブリ対策としての使い方

アロマスプレーをつくる

水にエタノールを混ぜ、アロマオイルを数滴たらせば完成です。これを、ゴキブリが通りそうな場所にスプレーするだけです。拭き掃除の時に、このアロマスプレーを使うのも効果的です。

エタノールがない場合は、水とアロマオイルだけでも作れますが、混ざりあわないので、こまめに振りながら使う必要があります。

塩にアロマオイルを染み込ませておく

ゴキブリは、雑食で、基本的に何でも食べますが、塩は食べないようです。そこで、塩にアロマオイルを垂らしておくことで、忌避効果が期待できます。お皿に塩を盛り、アロマオイルを数滴たらしておくだけなので、簡単です。

アロマを焚く

アロマが好きな人は、日頃からアロマを焚くアロマポットやアロマランプを持っていると思います。それを使ってゴキブリが嫌う種類のアロマを焚くことで効果を発揮します。

持っていない人も、これを機に1つ購入してみてもいいかもしれません。ゴキブリが嫌いでも、自分が好きな香りのものであれば、リラックス効果も期待できます。

アロマオイルでゴキブリ対策をする際に注意すること

コストがかかる

合成香料のアロマオイルは手頃な値段で購入できますが、100%天然由来のアロマオイルは結構な値段がします。日頃からアロマが好きで使っている人にとっては、使う種類に気をつけるだけのことなので、あまり気にならないと思います。

新たにゴキブリ対策でアロマを試してみようと思っている人も、好きな香りを楽しみながら、おしゃれにゴキブリ対策ができるという点を考慮して、高いかどうか判断してみてください。

すべての人に安全なわけではない

ハーブやアロマによるゴキブリ対策は、一般的なゴキブリ駆除剤と比べて、かなり安全な方法です。しかし、アロマオイルの種類によっては、アレルギー体質の人や、妊婦の人にはあまりよくないこともあり得るので、使う際は念のため注意が必要です。

※こちらの記事では部屋からゴキブリを永久追放する方法をまとめてご紹介しています。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ