賃貸保証会社とは?選び方や審査基準、現状の問題点など

入居審査

2010年には39%だったものが4年後の2014年には56%に、そして2015年にはおよそ60%にも増えました。

さて、なんのことでしょうか?

答えは「家賃債務保証の利用状況」、すなわち賃貸保証会社がどのくらいの割合で利用されているか、ということです。これは2016年の国土交通省の資料によるもので、その後さらに増えていると思われます。

賃貸保証会社の利用が賃貸契約全体の半数以上というのは少々驚きですが、そんなに多く利用されているのにもかかわらず、法整備が追いついていないという現状があるようでトラブルも多く発生しています。

では、そんな急成長している賃貸保証会社とは一体どのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

賃貸保証会社とは?

部屋を借りる際、一般的には連帯保証人が必要になります。ですが、現代社会においてはさまざまな理由で連帯保証人を立てられない、立てにくいケースが増えています。

高齢のため頼れる親族がいない、核家族化で親戚や兄弟の数も減り、なかなか頼みにくいといったことが多くなっています。そんな人たちのために代わりに連帯保証人になってくれるのが賃貸保証会社です。

賃貸保証会社は万が一の時に家賃を立て替える場合もあるので、利用するには審査が必要です。「審査って何を審査するの?」と疑問に思いますよね。想像できるのは収入と収入に対する家賃くらいでしょうか。

ところが意外なところまで審査の対象になっているようです。また、数多くある賃貸保証会社によっても審査基準はバラバラのようで、同じ人が別の賃貸保証会社の審査を受けたとしても、通るケースと通らないケースが発生します。

一体どんなことを基準に審査をしているのでしょうか?

詳しい審査内容と審査基準についてはこちらをご覧ください。

賃貸保証会社の審査内容と審査基準

審査がある以上審査に落ちてしまう人もいます。何であれ「審査に落ちる」というのは気持ちのいいものではありませんよね。審査を通ためには、ある程度の予備知識と事前準備をしておきましょう。

賃貸保証会社の審査に落ちる人とは?

審査

賃貸保証会社の審査は収入が高ければ安心、というわけにはいきません。ではどのような場合落ちてしまうのか?気になりますよね。

実はこんなことが原因でした!

賃貸保証会社の審査に落ちる原因

また、審査に落ちる人にはいくつかの共通点もあるようです。ここでは10個の共通点をご紹介していますのでご覧ください。

賃貸保証会社の審査に落ちる人の共通点10個

「ええええ?こんなことも審査対象なの?」って思うようなこともありましたね。そして審査に落ちた理由は一切説明してもらえません。自分で判断するしかありませんが、全く思い当たらない場合は賃貸保証会社の都合によるものかもしれません。

そんな不運としか思えないような理由もありますが、やっぱり賃貸保証会社の審査を受ける時には予備知識も必要、備えあれば憂いなしです。審査に落ちてがっかりしないように、できることはやっておきましょう。

スポンサードリンク

どんな賃貸保証会社を選べばいいの?

審査があまい賃貸保証会社もあれば、ブラックと言わざるを得ない会社もあるようです。2016年に国土交通省でおこなった調査によると、賃貸保証会社と把握できたものは147社でした。

そのうち業界団体3団体に加盟している事業者は55社のみです。

  • 家賃債務保証事業者協議会
  • 全国賃貸保証業協会(LICC)
  • 賃貸保証機構(LGO)/b>

この業界団体に加盟している55社は決められたルールにのっとって事業をすすめていますが、残りの92社の中にはルールがない企業もあります。

問題視もされていますが、賃貸保証会社は借主が選べないことが多く、ルールのないような賃貸保証会社に当たってしまう場合もあります。例えば保証料です。

国土交通省が行ったアンケートの結果、保証料は初回に賃料の50%、それ以降は毎年1年間で1万円の事業者が多いとのことです。利用されてる方、これと比べて高すぎたりしませんか?

保証内容にも目を通してみてください。同じアンケートによると保証範囲はこのようなものが多かったようです。

  • 滞納した家賃
  • 残置物撤去など原状回復費用
  • 訴訟費用

保証内容も各社違いますので、今一度契約書を確認してみてはいかがでしょうか。また、賃貸保証会社には審査のあまいところもあります。そういう賃貸保証会社だとラッキーですよね。

審査のあまい賃貸保証会社やブラックな賃貸保証会社についてはこちらをご覧ください。

審査があまい賃貸保証会社の選び方 ブラック会社に要注意

過去に家賃の滞納やクレジットカードで事故歴がある方は、賃貸保証会社が加盟している協会や系列によって審査に通りやすい人、通りにくい人が出てくるので、そこをしっかり把握しておくと審査に通りにくい保証会社を避けることも可能となります。

できるだけリスクは抑えるようにしましょう。

現在無職だけど賃貸保証会社の審査は通る?

さて、無職の人は賃貸保証会社の審査は通るのでしょうか?答えはこちらからご覧ください!

無職でも賃貸保証会社の審査を通す裏技

なるほど、いろいろな裏技があるんですね。いくつか裏技を重ね合わせることも成功の秘訣かもしれません!裏技を通すには事前に下準備をしっかりとしておきましょう。

何もせずにそのまま部屋を借りに不動産会社を訪れても、門前払いの可能性もあります。物件選びも高望みをせず、精一杯の印象の良さで不動産会社の営業マンを味方につけてください。

万が一家賃を滞納してしまったら?

滞納

家賃を払うのは当然の義務です。払える能力があるのに払わないのは問題外ですが、病気や会社の倒産など、突然収入が絶たれてしまうと払いたくても払えない状況に陥ってしまいます。もし家賃が払えなくなるとどうなるのか?

賃貸保証会社の行動には、だいたい一連の流れがあるようです。滞納を続けるとどうなるのか?強制退去はさせられるのか?そして最大の疑問が賃貸保証会社はどんな督促や取り立てをするのか?ということです。

怖い人が来るのか、すぐに家を追い出されてしまうのか、会社にも取り立てがくるのか、などいろいろと不安ですよね。家賃を滞納したときの督促や取り立てについてはこちらで詳しく紹介していますので、どうぞご覧ください。

家賃を滞納したとき賃貸保証会社からの督促や取り立ては?

ちょっと怖いですよね。法律で禁止されているのはたったの1つだけなんて・・・。全体的にグレーゾーンのような立ち位置にいる賃貸保証会社なので、もしかしたら少し強引な督促や取り立てをしてくることがあるかもしれません。

先ほどの業界団体3団体に加盟している事業者などは、きちんとルールにのっとってやっているので心配ありませんが、他の加盟していない賃貸保証会社の場合は、少し強引なことをするケースもあります。

怖い人に囲まれたり、勝手に部屋の鍵を替えれられる、といった行為は不法行為に当たる場合もあります。すぐに警察を呼ぶか、弁護士や消費者センターに相談してください。

まとめ

国土交通省もこれから賃貸保証会社は登録制にして、入居者の利益を保護するべく動いてはいるようです。消費生活センターなどへ寄せられる賃貸保証会社関連の相談数は多く、このようなことを問題視しています。

  • 賃貸保証会社の利用とは別に連帯保証人を用意しなければならないケース
  • 入居者が賃貸保証会社を選べないケース

確かにこれは入居者にとっては不利な状況です。今現在の動きとして、賃貸保証会社を登録制にすることで、不正が起きた場合は指導や助言などで勧告し、さらには登録を抹消することができるようにするというものがあります。

賃貸保証会社の利用者も年々増加の一途をたどっている以上、もっと借主が利用しやすい法整備を早く整えて頂きたいですものですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ