カビ対策マニュアル!?家中のカビを撃退する方法

カビの臭い

できればご遠慮願いたいのに、どこからともなく現れるのがカビです。そして見つけてしまうと、とてもがっかりしてしまうのもカビです。ですが、がっかりしてばかりもいられません。なんとか退治してしまいましょう。

カビは発生した物や場所などにかかわらず、完璧にとは言えないケースもありますが、落とすことができます。当サイトでは、それぞれのカビの落とし方やカビ対策などについて、いろいろと情報を掲載しています。

カビに対する疑問はここで解決してください!

スポンサードリンク

押入れなどにしまっておいた物についたカビ対策

洋服に生えたカビや臭いの取り方

押入れやクローゼットにしまっておいた服やカバンなど、長年使わないでいるとカビだらけ・・・なんていうことも少なくありませんよね。押入れなどは何かにカビがあったら、他のものについている可能性も高いです。

もし押入れの中でカビを発見したら、一度全部出して確認することをオススメします。洋服についたカビは、カビ自体もそうですが臭いも気になるところです。

白カビ、黒カビ、軽度のカビ、重度のカビなどに分けたカビの取り方や、カビの臭いの取り方などについてもご紹介しています。クリーニングに出す前に、自分で落とせるかどうか考えてみましょう。

洋服に生えたカビや臭いの取り方

ナイロン製バッグのカビの落とし方

バッグは素材によって扱い方も違うので、素材を確認してからカビを落としてください。バッグには金具や内側の素材など、見落としてしまいそうなところがたくさんあります。

洗剤などがついても大丈夫か、濡れても大丈夫か、といったことを先に確認しましょう。カビとは無縁と思えるナイロンですが、カビ菌はどこへでも侵入するんですね。ナイロン製のバッグのカビには最後の手段もあるようです。

どんな手段なのでしょうか?

ナイロン製バッグのカビの落とし方

布製バッグのカビの落とし方

丸洗いできる布製バッグのカビの落とし方と、丸洗いできないバッグのアイテムを使ったカビの落とし方です。ここではカンタンに揃う、カビを落とすアイテムなどもご紹介しています。

布製バッグのカビの落とし方

革製バッグのカビの落とし方

自分では無理!と思いがちな革製バッグですが、どのように落とすのでしょうか?もしかしたらマル秘アイテムで撃退できるかもしれません。そんなカビの落とし方と、メンテナンスの仕方についてご紹介しています。

革製バッグのカビの落とし方

靴のカビを落とす方法と予防のコツ

意外にカビ発生率が高いのが、どうしても湿気が多くなる靴です。靴も革、スニーカー、スエード、長靴など素材はいろいろあります。それぞれのカビの取り方や、靴箱に入れておく時のカビ予防策についてもご紹介しています。

靴のカビを落とすやり方と予防法

押入れのカビや臭いを取る方法

黙っていてもカビが発生しやすいのが押入れやクローゼットです。押入れ全体が湿ってしまうと、他のものにもカビが発生してしまいます。そんな押入れのカビの取り方や、開けた瞬間漂うカビの臭いの取り方についてご紹介しています。

押入れのカビや臭いを取る方法

部屋の中のカビ対策

カーテンのカビ

カーテンのカビの落とし方

部屋の中でも油断はできません。カビは思わぬところに発生しています。普段あまり目につかないところは特に要注意ポイントです。毎日開け閉めしているので、まさかこんなところ・・・というのがカーテンのカビです。

カビの取り方や、カビを取るポイント、洗った後のカーテンの上手な干し方などについてご紹介しています。

カーテンのカビの落とし方

壁紙のカビを取る方法

壁紙に生えるカビは機密性の高いマンションなどではよくある光景で、湿気の多い場所や窓の近くの隠れた場所などの壁紙には注意が必要です。上手に落とすポイントや、カビ対策によく使われるエタノールについてなどもご紹介しています。

壁紙のカビを取る方法

木材に生えたカビの取り方と防止策

家の中ではいろいろと木材が利用されています。湿気の多い場所の壁や柱、木製のタンスの裏側などもカビやすいところです。そんな木材に生えたカビの取り方と防止策についてご紹介しています。

木材に生えたカビの取り方と防止策

畳に生えたカビの取り方と予防のコツ

新しい畳ほどカビが生えやすいのは何故なのでしょか。そんな疑問やカビの取り方、予防策などについてご紹介しています。軽度のカビから根付いてしまったカビまで上手に落とす方法と、カビを発生させない対策を6つご紹介しています。

畳に生えたカビの取り方と予防法

フローリングに敷いた布団のカビ対策

今は当たり前となったフローリングですが、畳と違って水分を吸収しません。そのフローリングに布団を敷いていると、カビの温床となってしまいます。布団をカビさせないためにはどうしたらいいのでしょうか?

フローリングに敷いた布団のカビ対策

スポンサードリンク

備品についたカビ対策

トイレタンクのカビや汚れを掃除する方法

家の中にあるものでカビが発生するものは、まだまだあります。例えばトイレにある意外なものや、電化製品だって油断はできません。一体どんなものにカビははえるのでしょうかー?常に水があるトイレはどうしてもカビやすい場所です。

床や壁などをキレイにしていても、大きな落とし穴があります。それはトイレタンクです。カビや汚れはどうのように落とせばいいのでしょうか?

トイレタンクのカビや汚れを掃除する方法

エアコンのカビ掃除を自分でやる方法

2017年の内閣府の調べによると、2人以上の世帯でのエアコン普及率は90%を超えているそうです。今やどこの家庭にもあるといえるエアコンですが、ここもカビにとってはすみやすい場所のようです。

部屋の中がなんかカビくさい、と思ったら原因はエアコンかもしれません。業者に頼むと恐ろしい金額がかかるかもしれないので、ここはひとつ自分でやってみましょう。

エアコンのカビ掃除を自分でやる方法

空気清浄機のカビや臭いを除去する方法

カビが生えやすい電化製品のひとつが空気清浄機です。エアコン同様、部屋中にカビ菌を撒き散らす兵器(笑)になってしまう可能性もあります。空気清浄機から臭いが発生してしまうと本末転倒、むしろ使わない方が良くなります。

日常的に空気清浄機をお使いの方は、ぜひこちらをご覧ください。

※ 空気清浄機のカビや臭いを除去する方法

まとめ

カビは吸い込んでしまうと体に良くありません。家の中にカビが発生したらすぐに対処をしましょう。カビは早く落とした方が対処も楽です。

そしてカビを落とすときにも、カビ菌を吸い込まないように注意をしてください。マスク、ゴム手袋、必要であればゴーグルなどをして、窓を開けたりするなど部屋の換気も良くしてからカビに立ち向かってください。

カビにはどうしても落とせないものもあるので、そんなときは無理をせず、あきらめることも必要です。そうならないためにも、日頃からカビ対策には気をつけておきましょう。

このページの先頭へ